お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

2016年09月18日号

皆さんのお子さんやご家族で知能指数が高い子供をご存知ですかもしかしたら彼らの母親は妊娠中にある食べ物を食べてい子供の知能指数を上げていたかもしれません。今日は胎児の生まれながらの知能指数を上げる食べ物についてのお話です。



妊娠中に栄養不足が胎児の発達にどう影響をするのかを調査した研究はこれまでもあり、妊娠初期に葉酸の摂取が足りないと胎児の神経管に影響が出ることや、鉄分やヨウ素を十分に摂取することが胎児の脳の発達に必要であることなどは明らかになっています。



しかし、妊婦の栄養摂取が生まれてくる子供の知能に与える影響を調査した研究は、これまでにあまり行われていませんでした。ただ魚などに含まれるオメガ3脂肪酸は脳細胞の膜組織を作るのに必要とされ、妊娠中に多くの魚を摂取した場合、生まれた子供が認知機能テストでより高い点数を得る傾向があるとされています。



ただ魚油のサプリなどを使った無作為での実験ではこの結果は実証されていないので、魚の摂取量だけでなく、それと関連する他の条件があって初めて認知力の向上に結びつくとする意見もあります。



では知能指数を上げる妊婦が食べていたものとは何でしょうか?最近の研究で分かったのですが妊婦が果物を多く摂取すると、生まれてくる健康な子供の知能指数が高くなる可能性があることが、新たに発表されたのです。



カナダの大学の研究グループが同国の子供を調査したところ、妊婦の果物摂取量の多さと比例して、生まれてきた子供の生後1年後の知能が高い傾向があったというのです。


ただ、ここには問題もあり専門家らによると、妊娠中に大量の果物を摂取すると血糖値が上がり、妊娠糖尿病や急激な体重増加などを引き起こす可能性があることを指摘しています。



今回の研究で調査対象となった妊婦の半数は、米政府が推奨する量の果物(1日当たり1.5カップから2カップ)を食べていなかっという結果もでています。



この研究は、2008年から2012年にかけてカナダの妊婦3600人を対象として行われたもので、世帯収入や母親の学歴、ビタミン剤の摂取、母乳で育てたかどうかなどを考慮した他、妊婦の食事に関しては内容やカロリー、そして栄養のバランスなども調査し、生まれてきた子供が1歳になる時点で、妊婦の食事が知能発達にどのような影響を与えるのかを研究したものが基本になっています。



知能の発達レベルと栄養の項目を調べていくと、果物との関連が目についたというのですが「ここまで大きな違いが見られることに一番驚いた」とリサーチを主導した研究者は、分析官からデータを渡された時に再検査をするよう指示したほどだとコメントしています。なお実験では、どのタイプの果物が摂取されたかについての詳しい情報は含まれていないといいます。



妊娠中にどの栄養素を取ることが神経の発達に最適なのかを調べ、知的発達障害のリスクがある子を救うような研究もしたいと主席研究員はコメントしています。また続けて「知能指数(IQ)が100から105に上がってもあまり違いはなが、85から90になるのは、とても大きい違い」であり「それが可能になれば、社会に大きな違いをもたらすことができると思う」と話しています。



日本では果物は高価な商品ですが、最近果物だけで生活してとても健康体の人がテレビに出ましたが、果物の効果は胎児にも生育にも及んでいるのかもしれません。果物恐るべしですね!!


ウォールストリート・ジャーナルの記事より
http://www.wsj.com/articles/eating-fruit-while-pregnant-may-boost-your-babys-intelligence-1472475602


店長:佐藤雄司 (Yuji Sato)
住所:P.O. Box 104 Tipp City
   Ohio 45371 USA

Tel:  050-5806-9146(日本)
Tel: 937-524-3139  (米国)

脅威の水虫薬「モイヤ」
www.moiyaonline.com

No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。