お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

2016年06月12日号

皆さんの周りに自殺を考えたことがある人はいませんか?日本でも毎年3万の人が自殺しています。米疾病予防管理センター(CDC)が4月に公表した報告書によると、米国の自殺率も1999年から2014年の間に24%上昇して、10万人当たりの自殺者は10.5人から13人に増加しています。総数にすると毎年4万人程度の人が自殺している計算となります。



こうした自殺を科学的に研究して予測しようとしている研究者たちがアメリカいて、今日は自殺の予測の最新研究のお話です。



現在研究者たちは、自殺願望や自殺行為につながる可能性があることを示す「バイオマーカー」と呼ばれる兆候を必死になって探し求めています。例えば)機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で検知される脳の活動パターンや、血液中のストレスホルモンの水準といったもので、彼らは数万件ものデータを使ってコンピューターのアルゴリズムを作成し、リスクの測定方法を編み出そうとしているのです。また睡眠パターンにも注目するほか、自傷行為に向かう「無意識バイアス」を探るため特定のコンピューター作業への対応の仕方も分析の対象になります。


しかし測定方法のニーズはとてつもなく大きく、実際のところ、精神科医や心理学者にとって自殺のリスクを抱えている人を特定するのは非常に難しいのが現状です。



残念なことに男性であることや精神疾患の病歴、失業や別離・死別のストレスといった、リスク要因として広く認識されているものは具体性に欠け、あまり役に立たないことがはっきりしています。



うつ病は自殺願望と最も強く結びついている精神の病ですが、実際に自殺行為につながることはそれほど多くはなく、最近の研究では不安障害や衝動制御障害といった問題のほうが、より強く自殺行為に結びついていることが分かってきています。



また深刻なうつ状態の人が朝の4時から5時の間に起きていると、翌日に自殺の考えを持つリスクが高まることもわかってきました。



研究者は血液に含まれるストレスホルモンのコルチゾールの値にも注目しています。2016年に神経精神薬理学の学術誌に掲載された研究によると、自殺を試みた経験を持つ人のコルチゾールの基準値が低く、スピーチをするとか計算問題を解くといったストレス下でコルチゾールの分泌量が低いことが明らかになりました。これは、実際に自殺を試みた経験はなくても、自殺願望を示して医療機関を紹介されたというような経験がある人との比較でも同様だったという結果も出ています。



それ以外にも胃腸の問題や感染症、あばら骨の骨折といった外傷など、意外な要因が自殺の高いリスクと関連していることも分かってきています。



 自殺を予測する科学はまだ初期段階で、リスクを抱えるすべての人を特定できる方法は確立されていません。しかし、少しでも予測できるようになれば、医師や家族が本人に治療を受けさせたり、治療法を変更したり、先手を打って入院させたりできるようになると期待されています。



映画で殺人を事前に予測して、犯罪者が実際に殺人を犯す直前に逮捕して犯罪を未然に防ぐという未来映画がありましたが、自殺も映画のように将来予測できるようになるのでしょうか?皆さんはこうした研究をどのように考えますか?

ウォールストリート。ジャーナルの記事よりhttp://www.wsj.com/articles/as-suicide-rates-rise-scientists-find-new-warning-signs-1465235288

店長:佐藤雄司 (Yuji Sato)
住所:P.O. Box 104 Tipp City
   Ohio 45371 USA

Tel:  050-5806-9146(日本)
Tel: 937-524-3139  (米国)

脅威の水虫薬「モイヤ」
www.moiyaonline.com

No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。