お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

2016年05月02日号

こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。
今回も開封していただきありがとうございます。



みなさんの周りに精神的に消耗して疲れ切っている人はいませんか?実はがん患者は化学療法による治療などを受け始めると、眠れなくなることが分かっています。



その対策である実験が行われましたですが、それは毎朝30分強い白色の光を浴びるというもので、浴びている間はコーヒーを飲んだり、テレビを見たりしてもかまわないのですが、その効果に注目が集まっています。



アメリカ心身医学学会での報告によると、臨床試験でがん患者の半分には明るい白色の光を、残りの半分の患者には薄暗い赤い光を浴びせた結果、白色の光をあびた患者では落ち込みの症状や疲れが大きく緩和されたと報告されたのです。



日本ではあまり知られていませんが季節性情動障害(SAD)は日照時間が短くなる冬に起きるうつ病で日本海側の自殺者が多いのは、冬の時期で季節性情動障害が影響しているのではないか?とも言われています。



もちろん光による治療は、時差ボケや昼夜逆転した生活をしている人などにも効果があることが確認されていますが、イギリスの研究者は光療法は季節とは関係ない典型的なうつ病の治療としても役立つのでは?とコメントしています。



具体的には毎日30分の顔から46センチの距離に45度の角度で証明機器をおき、その前にじっと座っているだけなのですが、光の明るさは1万ルクスで、晴れた日に屋外を散歩する程度の明るさの光を浴びることになります。



睡眠障害による疲れはがん患者に限ったことではなく、健康な人でも睡眠障害による可能性が指摘されて様々現代病があります。例えば)生活習慣病と呼ばれている肥満、糖尿病、高血圧、虚血性心疾患をはじめ認知症や切れる子供なども、睡眠障害が引き金になっているとテレビ番組などでも指摘されていいます。



光治療がこれだけの効果があるのであれば、医者がもうからなくなりますが現代病の治療に高価な薬を払う必要なないかもしれません。仕事もそうですが、難しいと思われる問題もよくよく突き詰めていくと解決方法はとても簡単だったりした経験はありませんか?それと同じで様々症状のはもしかするとただの日光浴で治るのかもしれませんね!!今年の夏はたくさん太陽の光を浴びて、生活習慣病を解消してみてはいかがでしょうか?


ウォールストリート・ジャーナルの記事より
http://www.wsj.com/articles/a-simple-tool-to-ease-cancers-side-effects-1460389954

店長:佐藤雄司 (Yuji Sato)
住所:P.O. Box 104 Tipp City
 Ohio 45371 USA

Tel:  050-5806-9146(日本)
Tel: 937-524-3139  (米国)

脅威の水虫薬「モイヤ」
www.moiyaonline.com

No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。