お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

2016年03月06日号

こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。
今回も開封していただきありがとうございます。



あなたは毎日日記をつけていますか?日記には自分の内面を考察する良い機会であり、過去の自分からどれくらい成長したか?を測る歴史のようなものです。今日はその日記の効用にについてのお話です。



現代はスマートフォンがあれば、すべてを知ることができますが、自分の気持ちをじっくりと書く機会は極端に減っています。人によっては、フェイスブックを日記代わりに使う人もいますが、友達に読まれることを前提で書くフェイスブックの日記は、個人の思いを綴る日記とは内容がだいぶ異なってきます。



米テキサス大学の心理学の教授は、15~20分間かけて自分の気持ち、秘密や混乱について自由に書くことは、強力な活力剤になり得るとコメントしています。衝撃的な経験についてひそかに非公開で書くと、たとえそれが4日間だけだったとしても、ストレスを軽減させる可能性がある。眠りにつきやすくしたり、免疫システムを向上したりする可能性があると言うのです。



同博士は、「感情的な体験を言葉にすると、これまでとは違った形にまとまる。よりシンプルになって、やり過ごしやすくなる」とも述べています。また感情的な問題についてソーシャルメディア上に書くことが、非公開で書くのと同様な健康上の恩恵をもたらし得ることを示す研究結果も一部にありますが、こうした研究は新しいため、確定していないと同博士はコメントしています。



また書く習慣は脳を活性化するという結果も出ています。私の個人的な経験からすると、アメリカに移住して約13年目ですが、文章を書かないと徐々に漢字を忘れていってしまいます。書くことにより、漢字が私の記憶に残り忘れることがありません。清書したり書くことで脳が活性するのかもしれません。



携帯により大変便利な世の中になりましたが、私たちの能力は便利になればなるほど退化して行くように感じるのは私だけでしょうか? あなたはどう思われますか?

ウォールストリート・ジャーナルの記事より
http://www.wsj.com/articles/the-power-of-daily-writing-in-a-journal-1453837329


店長:佐藤雄司 (Yuji Sato)
住所:P.O. Box 104 Tipp City
 Ohio 45371 USA

Tel:  050-5806-9146(日本)
Tel: 937-524-3139  (米国)

脅威の水虫薬「モイヤ」
www.moiyaonline.com

No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。