お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

2016年02月28日号

No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。
こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。
今回も開封していただきありがとうございます。



あなたの会社の業績は好調ですか?東芝のような大企業でも何年間も粉飾決算をしている場合もあり、決算発表が黒字であっても安心できない時代です。



こんな時代からこそなのかもしれませんが、最近CEO(経営責任者)の顔で分かる業績ソフトというのが発表されました。もともとは消費者のコマーシャルへの反応や患者の痛みの度合いを測るために用いられてきた表情認識ソフトなのですが、ある教授はこのソフトを改善してフォーチュン500社のCEOの顔が映った映像を分析し、恐れや怒り、嫌悪、驚きなどの感情の兆候を分析しました。その結果、利幅、資産利益率、株価の動きなど企業の業績を示す指標とCEOの感情に関連があることが分かったというのです。CEOの心の内を知りたい考えている投資家やアナリスト、ジャーナリストにとって興味深いソフトかもしれませんね。



研究チームは開発した開発したソフトにシティグループやコナグラ・フーズ、フェデックス、メイシーズといった企業の200人を超えるCEOや元CEOメディアのインタビューや決算会見に登場したとき映像を読み込んで分析しました。



その結果はCEOがメディアのインタビューで目を伏せたり口を固く閉じたりすぼめたりするなど嫌悪の表情を浮かべると、次の四半期にその企業の総利益は9.3%増加した。眉を上げたり目や口を大きく開いたりして不安の表情を見せた場合は、翌週、その企業の株価が0.4%上昇したと言うのです。



開発者によると、投資家が否定的な感情を株価上昇のサインと受け止める理由は心理学で説明でき「不安は強力な動機付け要因として広く認識されていて、従ってCEOが質問を受けたときに不安そうに見えても、企業価値を増大させるためにこれまで以上に努力するだろうと市場が判断するのは驚くにはあたらない」と指摘しています。



現在企業は感情認識ソフトを使って、店に入ってきた買い物客や広告を見た市場調査の対象者の態度を測定するなど、センチメント分析への関心が年々高まっていて、アップルは2014年、顔の表情、発汗、声のトーンといった変数に基づいて人の気分を分析、識別するソフトウエアシステムについて特許を申請しています。同社は最近、顔の表情から感情を読み取るとされるソフトを開発した新興企業エモーシェントも買収しています。



また録音音声の分野では、企業業績の判断材料としては経営者の声の調子のほうが実際に話した言葉より精度が高いことが分かっています。



顔や声の表情で嘘を見破る時代がすぐそこまで来ています。浮気や何気ない嘘も簡単の見破られるのであれば、いつでも正直でいられる人生を送ることが大切なのかもしれませんね。蕎麦屋の出前のような回答は今後通じないということでしょうか?あれは、あれで日本的なあいまいさがあって私は好きなのですが・・・・・。

ウォールストリート・ジャーナルの記事より
http://blogs.wsj.com/digits/2016/02/17/software-detects-ceo-emotions-predicts-financial-performance/

店長:佐藤雄司 (Yuji Sato)
住所:P.O. Box 104 Tipp City
   Ohio 45371 USA

Tel:  050-5806-9146(日本)
Tel: 937-524-3139  (米国)

脅威の水虫薬「モイヤ」
www.moiyaonline.com