お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

2016年02月22日号

こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。
今回も開封していただきありがとうございます。



あなたは飛行機の時差ボケで苦労された経験はありませんか?今日は時差ぼけを予防するための新たな展開についてのお話です。



今までは時差ボケを感じたら太陽の光に当たることによって時差ボケを早く治すことができると言われていました。これは時差ボケが発生した段階での対処法だったのですが、今日はその時差ボケを最小限に抑える方法についてです。



方法は至って簡単で旅行に出かける前の晩に閃光(せんこう)を浴びるだけなのですが、この予防法を使うと飛行機などで発生する時差ボケ以外に、自の概日リズムに合わない睡眠サイクルを送っている人や季節的な不調(一種のうつ状態)に悩む人を救うことにつながるかもしれないと期待されています。



現在寝ている人にフラッシュライトを当てても睡眠を継続できる睡眠マスクの発売を計画しています。この治療法が太陽の光を浴びるのと違うところは、太陽は連続光の照射ですが、断続的な光を浴るというもので、試験データによると断続的な光を浴びた人の調整ペースは連続光を浴びた人の3倍速かったという結果が出ています。



例えば夜の早い時間に閃光を浴びると概日リズムが後ろにずれるので、飛行機で東から西に移動する人に使える可能性があります。また朝方の照射は概日リズムを前倒しにするため、西から東に向かう人に使えるかもしれないと言われています。



でも寝ている時に一瞬であっても閃光(せんこう)を浴びて目が覚めたりしないのでしょうか?研究者の1人は「今回の研究では短時間の閃光は眠りを妨げないことを示している」とコメントしています。


人によっては、目的地に到着してすぐに会社に出社してバリバリと仕事をこなす人もいますが、1週間程度かけて時差ボケが治る人もいます。どちらにせよ、こうした新しい方法が睡眠障害に悩んでいる人の役に立つと良いですね!!

ウォールストリート・ジャーナルの記事より
http://www.wsj.com/articles/study-points-to-a-way-to-prevent-jet-lag-while-you-sleep-1454966199


店長:佐藤雄司 (Yuji Sato)
住所:P.O. Box 104 Tipp City
   Ohio 45371 USA

Tel:  050-5806-9146(日本)
Tel: 937-524-3139  (米国)

脅威の水虫薬「モイヤ」
www.moiyaonline.com

No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。