お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

2016年02月16日号

こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。
今回も開封していただきありがとうございます。



あなたは国際線の飛行機の機内食を食べたことはありますか? エコノミークラスで食べる食事はやたらにまずいイメージがありませんか?今日はその機内食に関するの5つの迷信について考えてみたいと思います。



飛行機の楽しみと言えば、やはり食事ですがビジネスクラスに行かない限りおいしい食事が食べられないほとんどの人が考えていますが実はそうでもありません


思い込みその1 機内食はすべて冷凍された物で温められでから提供される

機内食はすべて冷凍され機内で温められてから提供されると信じる旅行者がいますが、サンドイッチや蕎麦などは適正に温度管理された状況で提供されます。また、非常に厳重な管理のもとで安心できる食材を使っているので、機内食では食中毒等の事件はほとんど起きていません。



思い込みその2  エコノミークラスの食事は悪かろう安かろうである

確かにビジネスやファーストクラスとエコノミーでは、食事の内容が大きく異なりますがビジネスとエコノミーとの航空券は2倍から3倍の違いがありますが、食事でエコノミーの2-3倍の料理を提供することは不可能で、コストパフォーマンスの視点からみると、エコノミーはとても割安なのですが、かといってそんなに料理に質を下げているわけありません。もちろん飛行機会社によってかなり差があるのも事実ですが・・・・・。



思い込みその3 美味しいと思われる材料が食材に必ず使われている

たとえ美味しくて臭いのきついものはメニューとして採用されません。飛行機はいわば大きな密室です。機内ではくさい臭いは簡単に充満してしまいますので、どんなに美味しくても採用されません。例えば、野菜のピクルス(西洋式漬物)やバター風味の料理やチャーハンなどは臭いがきついだけでなく、1千メートルの上空で食べると美味しく感じれれないので、決して機内食として採用されませんが、旅慣れた旅行者達は、航空会社がいまだにこうした食材を優良顧客の要望に応えるために、未だに機内に保管していると信じています。


思い込みその4 マックなどの食事の方が機内食より健康的である

マクドナルドなどのファーストフードの方が、機内食よりもおいしく、品質も高いと言われていますが、実際には機内食は、食中毒などの対策で、食品の品質もとても良いものを採用しています。これは、エコノミーでも同じです。ただし、同じ飛行時間でも、国際便と国内便では料理の質に大きな違い出ます。例えは、日本ではいえば、沖縄に行くよりは、同じ時間で韓国にいった方が食事の質が良くなり、食事の選択の種類も増えます。



思い込みその5  機内食を食べると眠くなってしまう

長時間のフライトでは、機内食の中に眠りを誘発する物質が含めれていて、食べるとすぐに睡魔におそわれる食材が使われていると思っている人がいますが、現実には全くの迷信で、航空会社はそんなことより如何にしてコストを下げるか?に関心がありません。ちなみに七面鳥の肉は眠気を誘うと言われていますが、七面鳥が機内食で提供された話を聞いたことがありません。



それにしても人間の猜疑心で面白いですね。

USA Todayの記事より
http://www.usatoday.com/story/travel/flights/2016/02/01/airline-food/79523988/


店長:佐藤雄司 (Yuji Sato)
住所:P.O. Box 104 Tipp City
   Ohio 45371 USA

Tel:  050-5806-9146(日本)
Tel: 937-524-3139  (米国)

脅威の水虫薬「モイヤ」
www.moiyaonline.com

No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。