お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

2016年01月30日号

こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。
今回も開封していただきありがとうございます。



あなたは骨折を経験されたことはありますか?最近アメリカのスポーツ界で行われた調査でビタミンD不足が骨折と深い関係があるという興味深いレポートが発表されました。



プロのスポーツ選手にとっては体調管理はとても重要であり、食事管理に始まり、肉体管理や精神管理など様々な項目をしっかりケアしていかないと、勝ち続けることは不可能になっています。アメリカのプロスポーツでもその状況は同じですが、こんにち監督が選手の体調管理で1番気にしているのがビタミンDの体内貯蔵量と摂取量と言われています。



なぜ体調管理にビタミンDに着目するのかというと、アメリカのプロスポーツで1番激しいと言われている米プロフットボールの選手たちを対象にした調査で少なくとも1カ所の骨折がある選手はビタミンDの量が際立って低く、またシーズン前にケガやパフォーマンスの低さでチームから放出された選手も、チームに残った選手と比較してビタミンDの量が著しく低かったことが分かったからなのです。



ビタミンDといえば、日本人の食生活に欠かせないしらす干し、さんま、紅鮭、イワシ、卵、牛乳などに含まれていますが、太陽に当たることでもビタミンDの生成に役だとも言われていますただしサプリメントなどであまりに大量に摂取すると食欲の減退や、吐き気や嘔吐などの副作用がでると言われています。



研究者の1人は、この調査でビタミンDの欠乏が骨折の関連があるらしいことはわかったが、骨折のリスクを増やすという「明確な結論を導き出すことはできない」とコメントしています。しかし「われわれ研究者たちの興味をそそるのは確かであり、フットボールのような激しく接触するスポーツならなおさらだ」と締めくくっています。


それでは一般の人がビタミンDをどれくらい摂取するのが良いのでしょうか? ある研究機関では一般成人は600IU(70歳超の場合は800IU)と主張していますが、最適な摂取量をめぐる議論は今も続いています。ちなみに牛乳6杯分が600IUの目安といわれています。これがスポーツ選手になると、少なくとも1000IUから2000IUを1日で取る必要があるのです。



日本でも運動のし過ぎで複雑骨折になる選手がいますが、彼らはビタミンDをしっかりとっているのでしょうか?あなたもビタミンDをしっかり取っていますか?



ウォールストリート・ジャーナルの記事より
http://www.wsj.com/articles/elite-athletes-try-a-new-training-tactic-more-vitamin-d-1453745154

店長:佐藤雄司 (Yuji Sato)
住所:P.O. Box 104 Tipp City
   Ohio 45371 USA

Tel:  050-5806-9146(日本)
Tel: 937-524-3139  (米国)

脅威の水虫薬「モイヤ」
www.moiyaonline.com

No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。