お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

2016年01月26日号


こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。
今回も開封していただきありがとうございます。



あなたは、飛行機の救命胴衣を使った経験がありますか?緊急事態以外では使うことがない救命胴衣ですが、アメリカでは飛行機にこうした胴衣が必要なのか?という議論があります。



緊急事態で飛行機が着水したときは座席の下の救命胴衣を着れば助かると思うかもしれませんが、実際のところ民間航空機が着水した最近の事例を見る限りでは、救命胴衣のおかげで命拾いしたというケースは1件もない事実があります。なぜでしょうか?



それは緊急時に座席の下の救命胴衣を探して、しっかりと装着するのは出発前の客室乗務員のデモのように簡単にはではないからなのです。



日本でも放送された2009年の米東部のハドソン川にUSエアウェイズ1549便が不時着したときなど、救命胴衣を装着していたのは150人の乗客のうち33人だけで、救命胴衣が脱げないようにウエスト部分のストラップを締めて正しく装着していた乗客は4人しかいなかったのです。



安全の専門家によると、不時着の場合、数秒かけて救命胴衣を探して装着するよりも、火災から逃げるためできるだけ早く機内から脱出することが重要なケースが大半との結果が出ており、実際の緊急着陸では乗客は救命胴衣を見つける前に諦めて避難していることが分かっています。



でも本当に救命胴衣は不要なのでしょうか? 着水することを事前に乗客に知らされた場合では救命胴衣が役に立つのと専門家も認めています。この場合はエンジン出力がない状態で航空機が高高度から徐々に降下するので、乗客には座席の下から救命胴衣を探し出し、客室内で救命胴衣を装着するだけの時間的な余裕があります。しかし、少なくともこの数十年間に起きた着水は例外なく緊急着水で、計画着水は皆無と言えます。



これだけ無駄とわかっていても航空会社は、乗客の命よりわずかなコスト削減を優先しているとのイメージを乗客が持たないとように慎重になっています。飛行機はいったん墜落すればほとんど助かる見込みのない場合がほとんどですが、それでも救命胴衣は必要なのか?あなたはどう思いますか?


ワールストリート・ジャーナルの記事より
http://jp.wsj.com/news/articles/SB11810945248234553346004581491701124543670?mod=trending_now_5


店長:佐藤雄司 (Yuji Sato)
住所:P.O. Box 104 Tipp City
   Ohio 45371 USA

Tel:  050-5806-9146(日本)
Tel: 937-524-3139  (米国)

脅威の水虫薬「モイヤ」
www.moiyaonline.com

No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。