お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

見直されるココナッツ食品


こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。
今回も開封していただきありがとうございます。

3月に全米最大の自然食品の展示会に行った時に、ココナッツの商品が増えてきたな?と感じたのですが、最近ココナッツ食品が健康に良いということでブームになりつつあるようです。


今日はそんな健康食品となりつつあるココナッツのお話です。


ココナッツオイルは飽和脂肪を多く含み、ヘルシーな油として最近注目を集めています。


オイルを販売する会社も、ココナッツオイルは栄養分が豊富で、心臓に良くエネルギー源になると宣伝しています。また、アルツハイマー病予防にも効果があるかもしれないとも言われています。


最近の研究でもマウスにココナッツオイルを与える事で、アルツハイマー病に関係するタンパク質の増加を抑える効果がみられています。


ココナッツオイルは大さじ一杯に12gの飽和脂肪を含んでいます。同量のバターは飽和脂肪が約7gです。


ある調査によると、南太平洋諸島でココナッツオイルを多く食べる習慣のある住民は心臓病の発生率が非常に低い事が分かっています。


しかし、これはそのままアメリカ人にも当てはめられる訳ではありません。アメリカン人と比べて南太平洋諸島の住民は活動的で食生活も全く異なるためです。


それでも心臓への影響を考えると、ココナッツオイルはコレステロールがない為、バターや他の動物性油脂よりは良いとある研究者はコメントしています。


ある生物化学の教授によると、ココナッツオイルが良いとされるのは、中鎖脂肪酸が含まれているからだと述べています。アメリカ人が一般的に摂取するのは長鎖脂肪酸なのです。


中鎖脂肪酸とは特に胃腸障害を持つ人にとっては消化しやすい脂肪酸です。体がすぐに中鎖脂肪酸を燃やすため、アスリートにとっても良いエネルギー源になると考える研究者もいます。


また、ラウリン酸を含むココナッツオイルはウィルスや細菌を除去する効果がある事が研究室で実証されていますが、果たして人間の体内で消化された後に同じ効果を発揮するかは現時点では分かっていません。


ココナッツオイルのアルツハイマー病への初期研究では、神経細胞を守る働きが認められています。最近発表された研究では、カナダの研究チームがココナッツオイルを摂取したマウスの脳細胞が、アルツハイマー病患者の脳で蓄積されるアミロイドタンパク質の有毒な影響を和らげる事を発見しました。


果たして、ココナッツオイルや加工製品は、アメリカでブレークしておくのでしょうか?皆さんの周りにもココナッツにはまっている人はいませんか?

No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。