お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

抗生物質のペニシリンにアレルギーを持つ人が出現

こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。
今回も開封していただきありがとうございます。
今日は、私たちの体を守ってくれるペニシリンですが、アメリカではこの薬にアレルギーになる人がいるというお話です。


第二次大戦から今日まで抗生物質として感染症等に効果を上げているペニシリンですが、ペニシリンアレルギーは病院で患者が訴える最も一般的なアレルギーといわれています。また同時に最も不確定な薬物アレルギーでもあり、治療をする事で患者に深刻な影響を与える事があると、あるアレルギーの専門誌に発表されました。


今回行われた調査でペニシリンアレルギーの疑いがある患者は、入院期間が長く、他の院内感染にかかりやすい事が分かりました。


この調査は2010年から2012年にカリフォルニアの12ヵ所の病院にて、51,807名のペニシリンアレルギーを訴える患者を対象とし行われました。この期間中、入院患者の11.2%がペニシリンアレルギーだと診断されました。一般的には、アメリカでは国民の2~5%がペニシリンアレルギー検査で陽性が出ると言われています。


データではアレルギーを持っていない、同じ年齢、性別、入院期間の患者と比較され、病院で最も多い院内感染3種類に感染するかどうかを記録されました。


20ヶ月の調査期間のうち、9.9%のペニシリンアレルギー患者がアレルギーを持っていない患者に比べて入院期間が長い事が分かり、そのうち女性は12.3%、男性は5.1%という割合になっていました。


また院内感染は3種類のうち、1つは24%、もう1つは30%、最後の種類は14%の比率で、ペニシリンアレルギー患者の方が院内感染に感染する確率が高い事が分かりました。


ペニシリンアレルギー患者には、様々なペニシリン以外の抗生物質を処方される為、院内感染にかかりやすくなると専門家は述べています。


私たちの体に侵入してくる細菌を守ってくれるはずのペニシリンにアレルギーが持つ人がいるとは驚きです。日本ではあまり話題にならない記事かもしれませんが、日本人の中にもペニシリンアレルギーをもっている人がいるかもしれません。


花粉症のアレルギーもいやですが、今後ペニシリンアレルギーの方がもっと深刻な問題になっていくかもしれません。
http://online.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303779504579465563788334676

No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。