お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

読書をすると知能が上がる?

こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。
今回も開封していただきありがとうございます。


まずは、お知らせです。


長い間皆様にご迷惑をおかけいたしましたが、モイヤのパウダーの販売を再開いたしました。また、サイトにはモイヤ以外で自然療法で水虫を治す新たな商品も追加いたしました。


これから夏に向かって水虫が活発化してしていきますので、今のうちに水虫や爪水虫を退治しておきたと考えて方は、ぜひサイトに訪問してみてはいかがでしょうか?


お知らせはここまでです。


近年の研究で、読書と知能は深い関連性があることが詳細になってきました。「知能」を定義すると三つの側面がありますが、そのいずれにも読書と深く関係している事が分かったのです。


例えば、結晶性知能というものは異なる知識の集まりの事を指すのですが、自転車の乗り方を覚えたり、新しい友人の名前を覚えるなど、情報を得るだけでなく、人生で使える知見として重要な役割を果たすものです。そして読書は、結晶化した知性を向上させます。


IQテストの中に語彙問題が入っている理由はここにあります。


二つ目の「流動的知性」は、問題を解決する能力、物事を理解する力、決まったやり方などを察知する能力を指しますが、もちろん読書が苦手でも、会話の行間を読む事はできます。しかし現代では、流動的知性と本を読む力は密接に関わっています。


事実、学校ではクリティカル•リーディングと文章能力の向上に力を入れており、20世紀初期に比べてIQが平均で20点ほどあがっている理由のひとつと考えられています。


これは フリン効果と呼ばれています。しかし、読む力が流動的知性を高めるという事は、逆に流動的知性を高める事で読書力が向上するという事でもあると、ある大学教授による調査で発表されています。


そして三つ目の知能は、こころの知能指数「EQ」と呼ばれ、自分や他人の感情を読み取り反応する知能です。読書がEQを向上させるのは不思議に聞こえるかもしれませんが、去年、フィクション小説が人の心の理論を改善させ、他人の精神状態を理解できるようになるという論文が発表されています。


この研究では数百人の被験者にオンラインで、ノンフィクションとフィクションの話を読んでもらい、心の理論の正確性を図りました。五つのテストの全てにおいて、ノンフィクションや全く小説を読まないよりも、フィクションを読む方が感情と認識テストで良い結果が出たと発表されています。


このような結果が出ているにも関わらず、人々の読書離れが続いているのは、寂しい限りです。テレビでも確かに必要な知識は与えてはくれますが、読書ほど深く人の脳を刺激するものではありません。読書には想像力や感受性がないと、読み続けることができないからなのですが・・・。


果たして、私たちの読書離れはどこかの時点でブレーキがかかるのでしょうか

No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。