お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

アメリカで謎の症状に悩まされる患者が驚くほど多い現実

こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。
今回も開封していただきありがとうございます。

佐藤さんの周りに原因不明の疲れや痛みに悩まされている人はいませんか?今日はそんな原因不明な病気に関するお話です。



数週間に渡って身体に謎の痛みを感じたり、疲労が全く取れずに医者で検査を受けても明確な原因が分からなかった、というのはよく聞く話です。



医学はこれだけ進歩しているにも関わらず、疲労や頭痛など多くの症状には未だにきちんとした説明ができない現実があります。



現在、医学的に説明ができない症状を訴える患者に、認知行動療法やリラックスする方法など、別の捉え方をするように推奨しているホームドクターや内科医もいます。



背景には、患者が病状を気にしすぎると症状が悪化する事があるからなのです。患者がその症状が深刻でないと感じ、時には忘れてしまい、症状と共に生活していける事ができるようにするのがその目的ですそして最近の調査でこの方法は実際に症状を和らげる事が分かっています。



謎の症状というのは患者だけでなく、医者にとっても実は厄介なものです。なぜなら医者は患者を治せない経験をすると自分の力量が足りないと感じるからなのです。



このような医学的に解明されていない症状は驚く程多く報告されています。2011年のある研究では、620名の患者のうち3分2の患者が原因不明の症状を訴えというレポートがあります。



別の調査でもアメリカの一次医療患者の10~20%が原因不明の症状を訴えていて、アメリカの5~7%の人々がが半年以上続く身体の不調があり、強い不安を抱えていると言われています。



(これは身体的症状が軽い、または実際は症状がないにも関わらず、本人は深刻な病気なのではと思っている心気症ととは異なります)



医学的に解明されていない症状で多いのは、疲労、腰痛、頭痛、腹痛です。めまいや痺れも原因が分からない事があります。



ある女子高校生は、突然吐き気、頭痛、目眩に襲われました。文字を読む事ができず、数分間会話もできない症状に襲われました。



症状は数ヶ月続き、何人もの医師に行き検査を受けましたが、最終的にてんかん専門の医師から精神分析医を紹介されました。そこで、どんな行動や思考、感情が症状を良くするのか、反対に悪くするのかを書き出しました。自分の感情を理解する事で後遺症は少しあるものの、症状は驚くほど改善しました。



彼女のように、原因がはっきりしない症状があり数ヶ月後に再度医者を訪れる患者には、心理的な問題が根底にある事があります。



ある研究では、前年に13回以上医者の診察を受けた206名の患者のうち、約60%が深刻なうつ病である事が分かりました。彼らはその後治療を通して、心理的苦痛が軽減され、症状と生活していけるようになったと報告されています。



認知行動療法を実践している医師もいます。患者はまず、 例えば「健康である事は何も悪い症状がない状態」 など健康や自身の症状に対する思い込みを変えるように教えられます。



そして、自分の症状をインターネット等で過度に調べない、または複数の医師にかからないようにします。また、症状から気をそらす方法を教わり、瞑想などリラックスの方法も学び自らの心と向き合い改善していくのです。


病は気からといわれますが、現代の病気は人間の気が弱くなっていることその背景にあるのかもしれません。気が弱いときは、肉体的にも弱っている時のような気がします。


定期的な運動で体を鍛えて、英気を養っておくことが大切なのかもしれませんね!!
ウォールストリート。ジャーナルの記事より

http://online.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303426304579403041504577658?mg=reno64-wsj&url=http%3A%2F%2Fonline.wsj.com%2Farticle%2FSB10001424052702303426304579403041504577658.html

No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。