お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

アメリカにある様々なコンテスト

こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。
今回も開封していただきありがとうございます。


今回はアメリカのコンテスト事情についてのお話ですが、アメリカでもさまざまなコンテストがあります。中には人気のないコンテストもありますが、特に優勝者への賞金が少ないものや美に関係ないコンテストは募集者も少ないのが現実です。


ミシガンのある地域は全米最大のアスパラガス生産地で、1970年代に始まったミセスアスパラガスコンテストは、農家の妻を対象とし、以前は毎年5人程が候補に選ばれていました。


しかし近年候補者が減った為、独身の女性でも応募できるようになルールを改訂し、名前も「アスパラガスクイーン」に変えましたが、コンテストの代表は、今年の応募者数によって、今後もコンテストを行うかどうか検討するとしています。


現在のアスパラガスクイーンである女性は、コンテストを継続させる為に地元農家や企業を訪問し、女性の応募者を募るよう走り回っていますが他にも野菜をテーマにしたコンテストは苦戦を強いられています。


オハイオで行われているオハイオ ビーフ クイーンコンテストは、昨年初めて男性でも候補者に応募できるようにし、優勝者はビーフ大使という名前に変えることにしました。


また、フロリダの全米スイカ協会は、優勝者にTV出演や店頭でのイベントに必要なPRスキルを学べるトレーニングを始めています。


2010年にルイジアナピーカンナッツフェスティバルクイーンの候補者はたった1人でした。なぜなら、応募者は17~23歳までの地元出身の女性に限定されていたからなのですが・・・・・。


一般的にコンテストに応募するには7応募費が必要な上、応募者は自分でドレスや靴、インタビュー用のスーツやアクセサリーを用意し、プロのヘアメイクを頼む必要がある為、自己負担するには多額な費用がかかってしまうのです。


対照的にビューティーコンテストは、2008年の不況で一旦は陰りが見えましたが、近年人気が回復してきています。


2014年のミスニューヨークへの応募者数は約300人と、2009年より71%多い数字でした。ミスミシガンの応募者数も2009年と比べて51%上がっています。

No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。