お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

家畜への抗生物質使用を規制

こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。
今回も開封していただきありがとうございます。

今日は家畜への抗生物質使用を規制についてのお話です。




アメリカの食品医薬品局は牛や豚、鶏など、精肉品になる家畜への抗生物質の使用は、これまで抗生物質は家畜の餌や飲み水に直接入れられてきましたが、人間の健康にも悪影響があるとして、これを規制する新しい方針を発表しました。


20世紀の特効薬とも言える抗生物質は近年、耐性菌が現れて効果が薄れて来ていて、公衆衛生に影響が出てきていると言われています。


毎年少なくとも200万人のアメリカ人が、耐抗生物質による感染症で病気になっている事が、それを物語っています。


今回の規制は今後3年間かけて施行されるので、すぐに抗生物質の使用が止まるわけではありませんが、最終的には農家や牧場経営者が家畜の成長を促す為に抗生物質を使用する事を違法にしていく予定となっています。


抗生物質を使用する事で家畜は通常よりもずっしりと大きく育つのですが、現代科学でもその現象がなぜ起きるのか?はいまだにはっきりとしていません。


実は抗生物質の過剰使用による人体への影響は、1970年代から警告されてきました。しかし動物における抗生物質の使用を減らす運動は、権力を持つ食品業界の議会へのロビー活動によって妨げられてきたのです。


この新しい規制では、製薬会社も農家が安易に抗生物質を家畜にしないよう、使用方法をきちんとラベルに記載する事を求めており、すでに数社がラベルの変更を始めています。


製薬会社は3ヶ月以内に食品医薬品局にラベルの変更を申し出て、3年以内に実行する事になります。また、獣医もライセンスを取得した医師が抗生物質の使用を管理する事が義務づけられました。


現在は家畜農家は地元の飼料倉庫に行けば、簡単に抗生物質は手に入ってしまう事を考えると、今回の決定は市場にとって大きな変化になります。


食品医薬品局はペニシリン等の抗生物質を規制する事で、アメリカ国民の健康を促進すると期待していますが、これには抜け穴があると主張する専門家もいます。


家畜の病気感染を防ぐ為という理由で、低容量でも抗生物質を処方してもらえる可能性が残されており、実際にヨーロッパでは、病気予防と称して抗生物質を家畜に使用し続けていた例が報告されています。

日本でも家畜に抗生物質は使われていて、アメリカと同じ問題を抱えていますが、問題ないのでしょうか?気になるところですね!!

ウォールストリート・ジャーナルの記事より
http://www.nytimes.com/2013/12/12/health/fda-to-phase-out-use-of-some-antibiotics-in-animals-raised-for-meat.html?ref=health&_r=1&


No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。