お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

「ナチュラル」のラベルは信頼できる?

こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。 今回も開封していただきありがとうございます。


 コメント:これがアメリカの「ナチュラル」の実態ですが、日本も似たような状況かも知れませんね!! 


 アメリカではラベルに「ナチュラル」と記載されている食品が減ってきています。 どれ程自然食なのかを争う起訴の渦中にある大手食品メーカーがお菓子やアイスクリーム、シリアルバーから静かにこの記載を消し始めています。 アメリカではラベルにこの記載がある食品は、過去一年間で400億ドルの売り上げがあり、「低脂肪」の記載がある食品に次ぐ人気があると発表されています。


 別の調査でも、アメリカ人の51%が食品を買う時に天然食品と記載されいるものを探すと報告されています。 今回の問題の原因は「ナチュラル」が意味するものが明らかではないという事です。 アメリカ食品医薬品局はこの記載に対する定義は特に設けてはいませんが、ガイドラインとして「通常食品には入れられるべきではない人工的なものや着色料などの合成料を使用していない食品」と位置づけています。 


また「ナチュラル」食品を明確に定義するのは難しいともコメントしています。 しかし今年9月に連邦議会に提出された法案では、食品医薬品局に「ナチュラル」をラベルに記載する際のガイドラインを設ける事を盛り込んでいますが、アメリカでは虚偽広告による起訴が増え続けていることが背景にあります。 


 弁護士によると過去2年間で100件以上の起訴が報告されており、中には数百万ドルの和解金で解決した例もあるといいます。 ある弁護士は、食品会社は現在「ナチュラル」というラベルにあまり価値がないとして、パッケージの見直しを図っているといいます。 また、 起訴されている案件の多くは食品医薬品局のガイドラインが曖昧な為に難航しています。 


 その証拠に、今年半年で発売された食品の22.1%、飲料の34%のみがパッケージに「ナチュラル」と記載しています。2009年と比較すると、それぞれ30.4%、45.5%の減少です。 いまだに多くのアメリカ人が自然食品を好みますが、半数以上は信頼性がないと思っていると言われています。 ある食品会社は2011年までに60以上の商品を改良しました。


合成着色料をビーツやキャベツ、にんじん等に変更しています。バーベキューポテトチップスの味を再現する為に、300以上の自然食品を使いテストを行いました。 ペプシコ社の「ネイキッド•ジュース」は、「ナチュラルでヘルシー」を押し出した商品です。しかし当社は今年このジュースが化学処理されたビタミンを含んでいるとした起訴で、900万ドルの和解金を支払いました。 


 このジュースは「全て自然のフルーツと野菜でできている」と記載がありましたが、詳細な規制方針が決まるまでこのフレーズをパッケージから消しています。 キャンベルスープ社のクラッカーも、遺伝子組み換え大豆を使用していたとして数件の起訴を起こされており、数週間前から「ナチュラル」の文字をパッケージから消していますが、当社は起訴を起こされる前からパッケージの変更は決まっていたとコメントしています。 


 その他、アイスクリームで有名なベン&ジェリーズも自然食品をうたっていましたが、実際は化学処理された物質を使用していた等の理由で起訴を起こされ、パッケージに使用する言葉も変更しています。 

ウォールストリート・ジャーナルの記事より http://online.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304470504579163933732367084



No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。