お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

アメリカのマリファナ使用の現実

こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。 今回も開封していただきありがとうございます。 

 

現在アメリカでは、20以上の州でマリファナの使用が認められています。 


認められているといっても、ほとんどの州が医療用目的での使用に限定されています。

それは頭痛やその他体の体調不良などの場合に限られるというものです。 


 しかし、ワシントン州とコロラド州では例外で、医療用以外にも娯楽用としてのマリファナ使用が認められています。  そうした合法化の影響でアメリカ国民のマリファナに対する罪悪感覚が鈍くなってきています。 


 最近のアンケートによると、アメリカ成人の50%以上がマリファナを合法化して娯楽用途にも使えるようにするべきだと回答しており、合法化が視野に入ってきています。 またアメリカとカナダでは、4月20日はマリファナ記念日として制定されており毎年大都市では、合法化に向けて活発な活動を展開されています。 


 2012年の統計データによると、成人の7%がマリファナを日常的に使っていると回答しており、違法な状態でも多くの人がマリファナを使用しています。また医学的なデータでもマリファナによる急性中毒による死亡はないのが現状で、過剰摂取による死亡例のまったく報告されていません。 


 これを読むとマリファナを解禁しても問題ないように見えますが、実は現在のマリファナには、製造工程が改善されて品質が向上して以前に比べて様々な物質が高い純度で含まれています。 その中で特に危ないのがフェンサイクリジン(phencyclidine)と呼ばれている物質で、危険性があり幻覚症状が伴うので、麻酔薬としては人体への使用は禁止されているほどです。 


 またマリファナを長期使用した場合に、どのような影響が人体に与えるのか?は調査もしていないので誰も予測できませんが、そうした矛盾の中にあって、マリファナ合法化が議論されようとしているのです。 もしこれでマリファナが合法化されれば、影響力を持つ芸能人の間で使用が始まり、瞬く間に若者の間に広まることになってしまいますが、果たしてアメリカは、同性愛にようにマリファナを合法化するのでしょうか?


それとも土壇場で今の規制を維持していくのでしょうか? アメリカ国民の良識が試されています。



No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。