お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

2013年09月06日号

身近な所から感染するサルモネラ菌の恐怖




こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。
今回も開封していただきありがとうございます。


インドのある地方で生産されているスパイスは、現在まで何千年もの間、伝統的な方法で栽培されてきました。


しかし科学の力が古代の王や君主が知り得なかった事実を発見したのです。それはスパイスは、健康を促進するだけではなく、時に人に体調不良を引き起こす事ということです。


米食品医薬品局は最近欧米に輸入されている一般的なスパイスのうち、強力なサルモネラ菌を含んでいるものを分析した調査結果を発表しました。


それによると20万商品以上を検査した結果、そのうちの7%がサルモネラ菌が含まれるものである事が分かりました。コリアンダーの15%、オレガノとバジルの12%から菌が見つかり、ゴマ、カレーパウダー、クミンからは非常に強いサルモネラ菌が見つかりました。また、コショウからも菌が発見されています。


毎年アメリカでは120万人がサルモネラ菌による不調に陥っており、2万3,000人が入院、450人が死亡しています。感染後、12~36時間程で下痢や熱、腹部けいれん等の症状が起こり始め、3~5日間症状が続きます。


今回の調査ではインドだけでなく、メキシコから輸入される商品も菌を持っている確立が高い事が判明し、実に対象になった商品のうち14%がサルモネラ菌を含む商品だった事が明らかになりました。


欧米人は特に菌を含んだスパイスに対して体調を壊しやすいとされています。バクテリアは高温に弱いので、インドや多くのアジアではスパイスは料理中に使われる事が多いのですが、欧米ではコショウをはじめスパイスは食べる直前に振りかけられる事が多いため、菌が壊されずに体内に入ってしまうのです。


メキシコの食品安全検査では、メキシコから輸出される商品は毎日チェックしており、安全だと主張していますが、別の調査では野菜からもサルモネラ菌が検出されています。


インドでは今回の調査を重く見ており、インド政府のスパイスを専門とする団体のチェアマンは、「世界は安全なスパイスを求めており我々はその実現の為に全力を尽くしている」とコメントしています。


今回の調査では一部の商品しか検査をしていませんが、すでに10個の重度の病気をもたらす菌を発見している為、菌を含んでいる可能性のあるスパイスを輸入の差し止めを政府に助言しています。


しかしスパイスが感染源である事を証明するのは非常に難しい事でもあります。それは病気の原因がサラダに振りかけたコショウが原因であるとは誰も思わないからです。最新の研究で2010年には44の州で、コショウと赤唐辛子が250人の感染者を出した事が分かりました


アメリカでは80%のスパイスを輸入に頼っています。米食品医薬品局はインドの2ヶ所にオフィスを設置し、また新しい規則では、感染の疑いがある商品があれば輸入拒否する事が出来るようになります。


つい最近までインドのほとんどの農家では収穫した種を長期の間、一つの敷物の上や汚れた床で乾燥させていました。その為、サルモネラ菌の蔓延は必然的でした。現在は、衛生面を考慮した方法が取られていますが、電気代が高い為、太陽光で乾燥させている農家も存在しています。


インド政府は、サルモネラ菌を死滅させる為の処置を行っていると主張していますが、今回の調査では、処置が施されたとされる商品からも菌が発見されていて、問題の根が深いことをうかがわせています。


香辛料は料理を美味しくしてくれる必需品ですが、サルモネラ菌に感染するのも困りものです。皆さんならどちらを選択しますか?

http://www.nytimes.com/2013/08/28/world/asia/farmers-change-over-spices-link-to-food-ills.html?ref=health&_r=1&

No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。