お問い合わせ

店長ごあいさつ


あらゆる水虫薬を試してが完治しない。爪水虫だが飲み薬をとりたくない。そんな方々の為に、アメリカでも承認され副作用の心配いらない自然から作られたホタテ貝殻水MOIYA(モイヤ)をお勧めし致します。 オシャレは足元からといいますが、MOIYAで水虫のない健康な足を取り戻しませんか? 詳細はこちら

メールマガジンお申し込み

セキュリティー証明書

こちらのサイトでは、以下のセキュリティーシステムを使用しております。

2012年09月01日号

こんにちは、水虫薬モイヤ(MOIYA)店長佐藤です。

今回も開封していただきありがとうございます。



今日はいまアメリカで話題のダイエットについてのお話です。

その名は K-E ダイエットと言います。



どのようなダイエットかというと、手術した人が栄養とるために

鼻から管を入れますが、それと全く同じ要領で体内に栄養を

その管からとるもので、別名「チューブダイエット」とも呼ばれています。



見た目が気持ち悪い、また痛そう、邪魔になる等の意見もありますが、

かなりの効果が認められると言われて、肥満であれば10日間で約10キロ

程度の減量が可能ということで、肥満ではない人でも全体重の10%近くを

削減できるとしています。



このダイエットを行っているのはフロリダ大学の医者さんですが、本来はこの

ダイエット方法はイタリアで開発され、ヨーロッパを発祥としています。彼自身

も以前はかなり太っていて、奥さんにつられてイタリアに渡りこのダイエットを

自分自身に試してその効果を確認したので、肥満の多いアメリカ人も応用で

きると考えて始めたとコメントしています。



病人のように管から点滴のように、1日に必要な栄養をとるのですが、中身は

プロテインなど様々なものが入っており、1日の摂取量を800カロリーに抑える

ようにつくられています。それ以外では、口からお茶、コーヒー、水などを摂取で

きますが、それ以外に食べ物はとることは許されていません。



しかもダイエットをしている患者は寝ているときも含めて管をつけたまま24時間中

その栄養剤を持ち歩かなければなりません。



こうした管から栄養をとる方法には危険があると指摘する医者もいます。例えば、

鼻から管を直接喉の一部に入れているので、長期に使うと呼吸器系に障害が出る

ことが報告されていて、効果は別にして、こうしたチューブダイエット方法自体が危険

であると指摘しているのです。



また短期間で体重は減らすダイエット方法は、一度止めてしまうと、リバウンドですぐに

元に戻ってしまう危険性があり、急激な体重増加だけでなく、以前の筋肉も失う最悪の

状態になる危険性もはらんでいます。



一番最高の方法は、規則正しい生活と健康的な食事そして定期的な運動であるとレポート

は締めくくっていますが、それが出来れば誰もダイエットにこんなに苦労しないのですが・・・・。

果たしてこのダイエットがアメリカや日本で急速に広まっていくのでしょうか?

Huffpostのニュース記事より)




英語ですが、ABCニュースがテレビで特集をしていましたので興味があればこちら

クリックしてください。(または、下のビデオを見てください)



 

No items found

引き続き買い物される方は、 こちらをクリックしてください。 また、サイトマップをご覧になりたい方は こちらをクリックしてください。